花粉症は突然やってくる|鼻水やくしゃみの予防と対策に効果的な方法

どうも!花粉症で鼻づまりがやばくて死にかけてたハヤテと申します。
嫌~「どうも!」とか言ってる余裕ないんですが・・・年々花粉症がひどくなってます。物心ついたとき(小学校入学頃)は花粉症と縁がなかったのに、本当ここ最近になって死にかけてました。花粉症で苦しんでいる方、悩んでいる方が多分この記事にたどり着いたと勝手におもっているんですがそんな方達に朗報です!!花粉症が苦しくて仕事もままならなかった僕が実際に花粉症の症状が出にくくなった!そして、花粉症とは縁がなくなった!そんな夢のような予防と対策を教えていきたいと思います。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

花粉症とは?

季節性アレルギー性鼻炎!

というそうです。わかりやすく言うと要するに鼻炎の一種ですね。草木花が出す花粉に、人間が呼吸することによって鼻の中の鼻粘膜に付着。すると、その花粉が持っているアレルゲン(抗原)が鼻の中の抗体(肥満細胞)と合体します。その現象を繰り返すことによりアレルギー誘発物質が出だし花粉症の症状に直結するとのことです。なので、花粉症を発症していな方でもこの現象は起きているんです。

花粉症の症状(大きな特徴)

花粉症の症状は、風邪に似ているといわれています。花粉症の大きな特徴としては3つあります。【くしゃみの多発】【鼻が詰まり呼吸困難】【呼吸困難による酸素不足】本当にこの3つは非常につらいです。仕事中も酸素不足でボーッとしてしまい集中力が散漫になりますし、すぐ眠くなってしまいます。

花粉症のピーク時季

この花粉症が発症する時期は、主に2月~10月と長期にかけて花粉が舞っています。なので、1年中花粉症発症中人間が出てきてもおかしくないんです。

花粉の種類

花粉の種類は様々です。

4月~6月 スギ・ヒノキ

7月~9月 シラカンバ・イネ

10月~12月 ブタクサ・ヨモギ・カナムグラ

1月~3月 スギ

花粉症になる人の特徴

花粉症になる人の特徴として、まずはアレルギー体質の方。生まれながらにして花粉症と付き合っては行かなくてはならない方です。また僕のように、突如なんの前触れもなく花粉症になる人もいます。花粉が一定量を超え鼻粘膜に付着することでなるそうです。

現在では、4人に1人は花粉症になっていると言われています。風邪によく似た症状なのですが、鼻水で両方の鼻の呼吸ができなくなってしまったり目が異常に痒くなってしまったり、くしゃみも1日以上の回数引き起こしてしまうなどの異常事態を引き起こします。

現在では、レーザー治療などで花粉症を軽減できることはできるみたいなのですが再発の規制もあり治療費も高いことなどから花粉症になる前に事前に対策予防することが最善の策と言われています。

花粉症の予防と対策

さて、本題に入ろうと思います。お話しする前に言っておきますがあくまでお医者さんからでる処方箋に勝るものはないのでご了承ください(笑)

僕が花粉症を発症したのが18歳の時です。鮮明にその時のことを覚えているのですが福岡に旅行に行った時でした。地元の有名な温泉を満喫するため車で田んぼ道を走っている時に窓を開けっ放しで走ってたんですよ。そしたらなんのその・・・その日からくしゃみが止まらなくなってしまいました。多分一日100回は軽くくしゃみをしていましたね。温泉に浸かっている時もくしゃみ。寝る前おまくら投げの時もくしゃみ。眠れずにくしゃみ。鼻かみすぎ鼻下がかぶれる始末。

我慢ができなくなり、次の日に病院に行って診察を受けると【花粉症】の診断を受けました。そしてその時から毎年春・秋になると鼻がつまり先ほどのような症状が出ていました。

春先のある日・・・
なんとしてでも花粉症に打ち勝たなアカン!

そう思い、春先では外出中にマスクをつけて外に出ることにしました。それでも駄目でした。目とかも守らないといけないらしく、家に『ただいま〜』って帰ってくけどそれ花粉と一緒に帰ってきてるんだよ?って友人から言われ・・・

花粉症強すぎん!?

とヤッキを起こしていました。何か方法がないかと考え手っ取り早くお医者さんに聞いてみることにしました。(花粉症で来院通算5回目)そこのお医者さん曰く市販に売っているものでも対策はできるよ〜とのこと。

いやいや!先言えや!?

これまで、花粉症のせいでいくらあんたの病院にゼニと時間落としているんだと思っているんだ!?世の中タイムイズマネーヨ!?と言いたかったのですが、とりあえず静かに聞くことにしました。

予防と対策その1

手洗いうがい、鼻うがい。

これは、実に効果的だった。特に鼻うがいです。市販に売っているもので一番効果がよかったのは、サーレSという鼻洗浄剤です。
鼻水も流されていくし、鼻づまりがひどい人は本当に一回は使ったほうがいい。メントール入りで使った後もスッキリして食べ物味が分かるようになるぞ(笑)いやいや笑ってる場合じゃないな。本当におすすめの一品です。薬品ではないので毎日何回でも使用OKです。

予防と対策その2

花粉ゴーグル

小学校の時に花粉ゴーグルをつけている子がいて、よく茶化されていたのを思い出した。『プールでも入りいくとか??』なんて茶化されていたが俺に代弁させてくれ・・・

ウルセェ!ぼけ!!』『花粉症になってみろ!

代弁させてくれもなんも、あの時その子もこんな感じで張り合ってたっけな。とうとう俺もつけるときが来たんだ。と思いアマゾンでいいのがないか調べることに。本当に現代って凄いんですよね(笑)花粉症ゴーグル1つ取っても茶化されないようにお洒落なメガネ・フォルムになってるんですよ。ということで僕が買ったのはコレです!

つけごこちもいいし。ランニングなどに最適。このメガネをつけた後にマスクをすることで完全防備になり花粉症を一切寄せ付けません。

予防と対策その3

アレジオン

この紹介をすぐにしたかった。嫌、その1その2を引けを取らずにかなりの予防と対策になること間違いはないんですが、、、結局は薬の服用!やはり市販に売っている錠剤って年々レベルが上がってますね。僕がずっと使っていた薬ですがアレグラ””といって、もっとも花粉症に効くとされる薬で有名らしいのですが、そうじゃない・・・アレグラじゃない!カッカッカ、これに勝るものはない・・・

アレジオン!

ってことで、眠気もこない・24時間ずっと効くアレジオンをぜひ試してください!予防対策に一番効く薬です。

ちなみに、アマゾンでアレジオンを買うと市販で買うより500円以上お得に買えます。僕もここ最近でそのことに気づきました。

まとめ

春先になると一刻一刻と近づいてくる、花粉症。そんな花粉症の予防と対策は絶対に欠かせないです。鼻がつまり、食べたいものも食べれなくなる恐怖。眠たいのに口呼吸に限定化され眠れない恐怖を生まないためにも、上記で紹介した①手洗いうがい鼻うがい②花粉症ゴーグル(メガネ)③アレジオンを使い清々しく毎日を送りましょう。

おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする