【神漫画】ゴールデンカムイ|アイヌ民族と食と戦闘!あらすじなど紹介

こんにちは!とりさるのハヤテと申します。

今日も今日も、おっもしろい漫画を紹介したいと思います。また、今回紹介する漫画は連載している漫画の中で現役最強を誇る面白さだと思います!現在、週刊ヤングジャンプで連載している【ゴールデンカムイ】のあらすじやみどころを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ゴールデンカムのあらすじ

舞台は明治37年(1904年)のお話。当時、日本は日露戦争をやっていました。その日露戦争に出兵していた、不死身の「杉本 佐一」(すぎもと さいち)というのがこの作品の主人公。

杉本は、日露戦争で戦死した親友の”寅次”の願いでもある、寅次の妻”梅子”の眼病を治してやりたい。という願いを叶えるために旅に出ていた。眼病の治療費は膨大での為、杉本は一攫千金を狙い北海道で砂金を採っていた。

川で砂金を採っていた杉本の近くにいた、飲んだくれジジイが杉本にこんな話をしてきた。

「北海道じゃ昔はあちこちの川で大豆くらいの砂金がザクザク採れた。1日に112グラム採れる日が毎日続いたらしい。その頃、一部のアイヌ民族がひそかに砂金を軍資金としてためていたらしい。」

「それをひとりの男がブン盗った。持ってたアイヌ民族を皆〇しにしてな」

「盗られた金の量は75グラム!現在で言う8億円相当額。」

「その男は警察に追われ、金塊を北海道のどこかへ隠したあとに逃げることが精いっぱいだったのか隠し場所を誰にも伝えることもなく捕まりる。死刑囚として、北海道は網走刑務所にぶち込まれる。」

「男は外に仲間がいるらしく、金塊のありかを何とかして伝えようとしていた。手紙は一切書こうとはしなかった。看守に盗むからだ。出所間近のやつにこっそり手紙を持たせるってのも無理だぜ!そんなこと看守も予想しているからな。ならどうするか・・・」

「刺青を掘ったのさ。同房になった死刑囚たちの体に、埋蔵金のありかをしるした暗号をな」

そんな話を杉本は信じていなかった。飲んだくれジジイの戯言だと・・・

疲れて眠ってしまっていた杉本が目覚めると、飲んだくれジジイが銃をもって狙っている。「しゃべりすぎた」といって撃とうとするが、杉本が反撃し飲んだくれじじいは逃げ出す。

追いかける杉本だが、見失う。森の中に入りすぐさま飲んだくれジジイが見つかるがクマに襲われたようで、土に埋められていた。はらわたが食べられており、首は折れていた。と・・・死体を引きずり出すと、なんと飲んだくれジジイの背中には、埋蔵金のありかを記す刺青が彫られていた。杉本の埋蔵金探し、刺青を入れられた囚人24人を探す旅がはじまる。

ゴールデンカムイみどころ

このストーリー性こそ、ミステリアスで読者の好奇心をつついてきます。明治時代の北海道をメインに話は進んでいきます。初っ端、アイヌ民族のアシㇼパさんと会い、2人で入れ墨探しの旅が始まります。

先ほどがちょこちょこ出てくる”アイヌ民族”。このアイヌ民族こそこの作品に深くかかわっています。まずは、アイヌ民族がどのような民族なのか紐解いていきたいと思います。

アイヌ民族とは

北海道とロシアの間に拠点していた、自国語アイヌ語を話す民族。アイヌとは、アイヌ語で人間という意味でカムイ(神)を敬い生活している。カムイ(神)という言葉は、作中でも多様されており、アイヌ民族の作法なども細かく描かれています。

「アイヌ民族の赤ん坊には、病魔が近寄らない様に汚い名前をつける。例えば、う〇この塊や屁をする人、臭く育つなど。」

「また、女性は体中に刺青を入れて身を飾る文化がある」などなど

ゴールデンカムイには、アイヌ民族の豆知識などを紹介しており、ミステリアスでトリビアな気持ちにもなれるのです。さらに、金塊の場所を刺青で指示している点に関してもアイヌの文化が用いられており今後、ますますアイヌ文化について記されていくことになりそうです。

美味しんぼ顔負けの【食描写】!

埋蔵金を指し示す刺青を入れている囚人を探す旅の中、刺青を巡る戦いでかなりシリアスなシーンがございます。その合間にアイヌ民族風の料理の仕方や、食べ方などを描いている描写が作中の3割ほど入っております!僕も初めて見たときは「絵のタッチも戦い向きだし、こんな描写いらないのになぁ」と思っていたのですが・・・あまりにも食のシーンが多いので真剣に見ることに。

食に関するシーンの時は登場キャラみんな和むんですよね(笑)みんなええ顔して食べるし、食事中にギャグや汚い言葉を言い放ったりとかなり団らんしている姿もまた、くぎ付けになってしまうんですよね。食事中の杉本とアシㇼパさんの絡みが本当に大好きです!!!

新撰組の登場で胸熱!!

埋蔵金を指し示す刺青を入れた囚人24人の中に、あの「土方歳三」がいるんです。ただ、時代も時代でかなり老いてますが、作中でもキーマンとして行動しております。

また、「永倉新八」も出演しておりお2方ともかなり腕利きです。

また、主人公一行の力も強く戦闘シーンもかなり面白い!!

登場キャラクターには元ネタが豊富

新撰組もそうですが、登場キャラには元ネタになっている人物が数多くいます。詳細を知りたい方はこちらからどうぞ!

関連サイトゴールデンカムイの登場キャラの元ネタ

まとめ

戦闘×アイヌ(食)×埋蔵金=ゴールデンカムイ なのです

時には激しく!時には謎に包まれ!時には和む!

そんな、揺さぶるような作品となっております。最近の漫画は本当に作りこまれている、新感覚な作品が多くなってきている気がします。アクションごりごりの作品が好きな方も、ミステリアスな推理ものが好きな方も、美味しんぼのような食描写が好きなかたも、みんなが好きになれるような作品となっておりますので是非!一度でもいいので目を通してみてください。

それではこの辺で失礼します!

スポンサーリンク

シェアする