【精霊流し】長崎のお盆の行事は結構危ない|さだまさしに遭遇した件

ども!ハヤテと申します
8/15夕方より地元長崎で一大イベントがあります
その名を精霊流し(しょうろうながし)
なんかシャーマンがする行事みたいに聞こえますがね

スポンサーリンク

精霊流しって何をするの?

親族の方や友人の初盆の時に精霊船という船を
出してその船に亡くなった方の霊を乗せてその船を
押しながら街の公道を歩くという変わった行事である

f:id:triveransaruk:20170815092032j:plain

精霊船はこのように色とりどりのものもあれば
シンプルでかっこいいものまで様々です
この船に故人の霊が宿ると考えられてます。

主にこの船を運ぶまでの経路は
自宅から流し場と呼ばれるところまでで運ぶ
ここまででは、なんか普通の行事のように聞こえるのですが

なんとなんと・・・

精霊船を運んでる間、運んでる人は
爆竹(ばくちく)を四方八方に投げる
まさしく凶器・狂気・共起なイベントである

f:id:triveransaruk:20170815093017j:plain

普通に歩いてたら多分死ぬ思いをします(笑)
人がいるほうに普通に投げてきます。
ボクも何度か歩行者専用の道を歩いてるときに
目の前に爆竹が飛んできて逃げた覚えがあります
この日だけはみんな無礼講なんですよね(笑)

精霊流しは神聖な行事

上で説明した通りみんなお祭り騒ぎみたいな事してるんですが
決してそんなことはありません。

精霊船を運んでる方の表情は真剣そのもの
仲の良かった方の死を弔ってあげる気持ちが強く
精霊流しはお祭りのように映るんですが
表向きは仏教の行事ごとなんですよね

そんなボクも3年前におじいちゃんが亡くなり
2年前にじいちゃんの初盆の為、精霊流しがありました
ボクは仕事が忙しかったためいけなかったんですが
ずっと、ばあちゃんからは

「お盆は精霊流しきてじいちゃんば一緒に流そう」
といわれてたんですが、行けなくて申し訳ない
ボクの親族はみんな長崎にいるので
ボク以外のみんなでじいちゃんの船を流してました
丁度、精霊流し終わったかな~って頃に
父ちゃんに電話しました

ワイ「父ちゃん?オレオレ!」
父ちゃん「オレオレ詐欺に聞こえるけん、それやめんね」
ワイ「ごめんごめん。精霊流しどげんやった?」
父ちゃん「じいちゃん、ちゃんと流れたよ」
ワイ「そうね。よかったねじいちゃん」
父ちゃん「そういえば、目の前の船がね」
「さだまさしのところの船やったばい」
ワイ「っえ!?」

f:id:triveransaruk:20170815095213j:plain

精霊流しって知ってる人は多分
さだまさし氏の「精霊流し」という曲を聞いたことが
あるためなんだと思います
僕の実家からさだまさし氏の実家まで徒歩5分と
かなり近く、船出がかぶるというミラクルが起きました
その夜ボクは「精霊流し」を聴いて眠りました

まとめ

異文化が色濃く地域に残る長崎ならではの行事です
観光客の方も精霊流しを見に多く訪れるそうです
機会があれば是非足を運んでみてください

追記

父ちゃん「さだまさしのとこの船はでかかったばい」
ワイ「ふ~ん」
父ちゃん「やっぱお金もっとんね~」
ワイ「・・・」

~完~

スポンサーリンク

シェアする